NEWSお知らせ

【重要】
耳管ピン手術実施医認定講習会の参加申込みについて
前項の会告のごとく、耳管ピン手術実施医認定講習会を第31回総会・学術講演会の会期中(令和3年10月16日)に行います。
現在申込みが開始されておりますが、申込期間を8月21日まで延長いたしました。また、講習会のプログラムを公開いたしました。会員専用ページ内の「耳管ピン手術実施医制度」から詳細をご確認下さい。
参加いただける定員には限りがございます。
定員に達しましたので、申込みを締め切らせていただきました。
【重要】
耳管ピン手術実施医制度(会告)
耳管開放症に対する新たな治療法「耳管ピン手術」が本学会の管理する認定制度のもとで行うことを条件に、令和2 年12 月1 日に保険適用されました。それを受けて本学会では認定制度の策定に取り組んでいます。
認定制度発足後は学会の認定を受けた「耳管ピン手術実施医」のもとで手術の施行が可能になります。
資格認定の要件は以下のとおりです。
  • (1)耳鼻咽喉科専門医であり、専門医取得後 3 年以上経過していること。
  • (2)申請時において、引き続き3年以上本学会正会員であること。
  • (3)年間10例以上の耳管開放症の診療実績のあること。
  • (4)20例以上の鼓膜形成術または鼓室形成術の経験のあること。
  • (5)耳管関連の論文1編以上、または学会・研究会における発表が1回以上あること。
  • (6)本学会の定める講習会を受講していること。
  • (7)本学会の定める施設における手術見学を修了していること。
*(4)、(7)は耳科手術指導医あるいは耳科手術暫定指導医の資格を有する場合、免除される。
耳管ピン手術実施医制度にもとづき、実施医認定講習会を行います。第1 回講習会を第31回総 会・学術講演会の会期中(令和3 年10 月13 日~16 日)に行う予定です。詳細につきましては近日中に当ホームページに掲載致します。
【重要】
耳科手術指導医の申請受付開始について
いよいよ令和2年1月より耳科手術指導医制度が開始されました。
令和3年の暫定手術指導医、手術指導医ならびに認可研修施設の申請期間は令和3年1月1日から1月31日までです。
指導医の申請資格ならびに認可研修施設の条件、書式の詳細はhttps://www.otology.gr.jp/member/specialist/をご参照下さい。
【重要】

会員情報ご登録のお願い
本年7月26日の理事会におきまして、Web会員管理システムを導入することが承認されました。インターネット上でご自身の会員情報の確認や更新が可能となります。c会員情報の確認・変更画面でご自身の現在の会員情報をご確認いただき、更新をお願いしたく存じます。会員登録情報に配信可能なE-Mail情報をご登録いただいていない場合、学会からのお知らせが今後届かない可能性がございます。E-Mail情報につきましては必ずご登録いただけますようお願い申し上げます。

2021/12/25
会告「2021/12/25 令和4・5年度代議員選挙」を掲載しました。
2021/10/25
耳管ピン手術の実施状況について (第二版、令和3年10月17日)
耳管開放症に対する新たな治療法「耳管ピン手術」が本学会の管理する認定制度 のもとで行うことを条件に令和2年12月1日に保険適用されました。
認定には講習会の受講や施設見学などの要件があり、それを受けて本学会では認定制度の策定に取り組んでいます。また認定制度が整うまでの間、日本耳科学会より承認された先行実施医が先行的に審査・承認され、耳管ピン手術を実施しています。
2021年10月17日現在、耳管ピン手術を実施する医師・施設はこちらのPDFをご覧ください。
2021/10/13
会員専用ページに「日本耳科学会30周年記念誌」を公開致しました。
2021/09/30
「第31回 日本耳科学会 総会・学術講演会 抄録集」を公開致しました。
2021/09/28
「第1回 内視鏡科耳科手術EES Basic Course開催のお知らせ」
日本耳科学会男女共同参画委員会企画のEES Basic courseが2021年10月30.31日に開催されます。
※実技講習会の受付は修了いたしました(Web講習会は前日まで受付ます)。
2021/09/24
第13回アジア環太平洋人工内耳学会(APSCI)抄録締切延期のお知らせ
第13回アジア環太平洋人工内耳学会(APSCI)の抄録提出の締め切り日が2021年 10月21日まで延期となりましたのでお知らせいたします。
詳細はhttps://apsci2021.com/call-for-abstractsをご覧下さい。
2021/08/26
第13回アジア環太平洋人工内耳学会(APSCI)のお知らせ
第13回アジア環太平洋人工内耳学会(APSCI)は、オンラインで2021年12月8日から10日までの開催となりました(APSCI 2021)。抄録提出の締め切り日は2021年9月22日です。詳細はこちらをご覧下さい。
人工内耳の理解と発展のための学会であり、基礎科学から臨床実践、臨床で利用できる最新テクノロジーに関する最新情報、基礎研究、診断、手術、転帰、ハビリテーションを探求することを目的としていますが、画像、聴覚保護、先天奇形、再生医学、合併症、中耳などのトピックに関する演題を特に募集しています。
抄録が受理されると、口頭ポスタープレゼンテーションにはデジタルポスターと3分間の録画済みビデオプレゼンテーションの提出が必要となります。
2021/02/22
耳管ピン手術実施医制度委員会からのお知らせ
~耳管開放症に対する新しい治療(耳管ピン手術)が始まります~
● 耳管開放症に対する新たな治療法「耳管ピン手術」が本学会の管理する認定制度のもとで行うことを条件に、令和2年12月1日に保険適用されました。
● それを受けて本学会では認定制度の策定に取り組んでいます。
● 実施医師資格の認定には講習会の受講や施設見学などの要件があります。
● 詳細は今後、本学会ホームページに随時掲載の予定です。
2020/12/25
AMED令和3年度「障害者対策総合研究開発事業」に係る公募(1次公募)開始のお知らせ
2020/11/09
「韓国耳科学会とのMOU」を公開致しました。
2020/10/19
「第30回 日本耳科学会 総会・学術講演会 抄録集」を公開致しました。
2020/08/26
「第26回日本耳科学会奨励賞受賞者」を掲載いたしました。
2020/08/03
日本耳科学会国内学術委員会では,iPad版 CI2004の標準化解析化ソフトを開発し、「日本語語音弁別検査 iCI2004 」アプリとして製品化しましたので御案内申し上げます(PDF)
アプリのダウンロードはiPadで下記タイトルをクリックしてください。
iCI-2004 単音節 - 一般社団法人 日本耳科学会
iCI-2004 単語・成人 - 一般社団法人 日本耳科学会
iCI-2004 単語・小児 - 一般社団法人 日本耳科学会
2020/05/25
「第3回日本耳科学会賞受賞者」を掲載いたしました。
2020/05/25
「令和2・3年度代議員」を公開いたしました。
2020/03/24
「令和2・3年度 代議員選挙について」を公開いたしました。
2020/02/06
日本耳科学会賞の募集」を開始しました。締切は令和2年3月31日(火)(必着)です。

過去の記事